icon_mail icon_tel arrow
  • 電話する
  • 無料メール相談
03-3529-5420
(電話受付:月曜~金曜9:00-17:00)

無料電話相談受付中

無料電話相談受付中

一つでも当てはまる方は
ご相談ください

  • どうしても「乳房を切りたくない」
  • 「進行乳がん」の治療を探している
  • 「待ち時間なく」すぐに治療を始めたい
  • 治療法で迷っている

タップでお電話ができます

03-3529-5420(電話受付:月曜~金曜9:00-18:00)

どうしても「乳房を失いたくない…」 コータック治療のご提案

乳がん治療は手術を基本とし、それに放射線治療、抗がん剤治療を組み合わせて行われるのが一般的です。
しかし、中には「どうしても乳房を切りたくない」「副作用の強い治療はしたくない」という患者様もいらっしゃいます。
治療を拒否するあまりに病院から足が遠のき、症状が命に関わるレベルまで進行してしまうケースも少なくありません。

東京放射線クリニックでは、患者様がご納得して治療に臨んでいただけるよう、
患者様のお身体を第一に考え、手術や抗がん剤治療についても十分にご説明をさせていただいております。
また、希望される方には放射線治療の一つで、
進行した大きながんにも効果が期待できる「コータック(KOUTAC)治療」という選択肢もご案内しています。

コータック治療は、保険適用外になります。

院長 柏原 賢一 先生よりメッセージ

院長 柏原 賢一(かしはら けんいち)医学博士/日本医学放射線学会 放射線治療専門医
1982年 京都府立医科大学 卒業
2008年4月より、東京放射線クリニック院長に就任

院長 柏原 賢一 先生よりメッセージ

米国では、がん患者様のおよそ6割が放射線治療を選ぶと言われていますが、日本では、放射線治療医の数も含めて対応がまだ行き届いないのが現状です。とくに再発・転移・進行がんの場合は、放射線治療が選択肢としてあげられることは少ないと思います。しかし、それは放射線治療ができない、ということではなく、「標準的な治療の範囲ではできない」ということかもしれません。

当クリニックにいらっしゃる乳がん患者様は、多くは「乳房をどうしても切りたくない」という方です。そのような方に対して、選択肢の一つとしてコータック治療をご提案させていただいています。患者様は治療の選択肢を知る権利が当然あるべきですし、それぞれの治療のメリット、デメリットをお話した上で、その方に合った治療法をニュートラルな視点からお伝えする、それが医師の役割であると私は考えています。

柏原院長による「がん治療相談」を実施しています

当クリニックでは、患者様の声を聞き、標準治療の枠にとらわれず、中立的な立場で可能性のある治療法をご提案いたします。特に前立腺がん、肺がん、乳がんをはじめ、リンパ節、骨などへの再発・転移がんの患者様から多くご相談をいただいています。

・料金:自費 11,000円(税込)/ 30分毎

まずはお電話にてお問合せください

「もう治療法がない」とお悩みの方も、まずはご相談ください

まずはお電話にてお問合せください

タップでお電話ができます

03-3529-5420(電話受付:月曜~金曜9:00-18:00)

コータック治療とは?

放射線治療の効果をサポートし、
“大きながん”にも効果を期待。

がん組織というのは、一定の大きさ以上になると無秩序な増殖のために低酸素状態の領域が至るところにできます。
放射線治療においては、酸素が少ないとがんへのダメージが小さくなります。

がんのある領域に酸素が少ない状態では、活性酸素の働きが低下してしまい、がんに対して放射線が攻撃する力を十分に発揮することができません。
そこで、有効なのが放射線増感剤の併用です。

放射線増感剤は抗酸化酵素を分解し、さらに酸素を発生させることで低酸素状態を改善させることができます。
つまり、放射線増感剤を放射線治療に併用することで放射線治療効果のサポートが期待できます。

放射線増感剤を放射線治療に併用することで放射線治療効果イメージ

イメージ

乳房を温存し、がんを治療「乳がん」への
コータック治療

放射線増感剤を併用した治療は様々ながんに効果が期待できますが、当クリニックでは局所注入が可能な部位に限り実施しております。
特に乳がんに対しては、進行した大きながんにも効果が期待でき、
「治療法がない」と悩まれている患者様や、「乳房をどうしても失いたくない」という患者様に対して、
治療法の選択肢の一つとしてご提案しております。

症例報告

CASE1

乳がんの再発・転移(70代女性)
進行乳がん(50代女性)
【解説】
  • 放射線治療前では乳房内に8cmの腫瘍が見える(写真1)。
  • CTガイド下に穿刺(写真2)。
  • 放射線増感剤注入後腫瘍内に酸素が見える(写真3)。
  • 14ヵ月後腫瘍は内側にわずか認められる(写真4)。
【治療概要】
放射線治療と放射線増感剤を併用した治療を3週間(16回)行った例。
費用:約84万円
照射範囲に含まれる皮膚においては放射線皮膚炎が生じる場合があります。

CASE2

乳がんの再発・転移(70代女性)
【解説】
  • 左右両側に乳がんが見つかる。
  • 抗がん剤治療を行い右乳房のがん消失。
  • 3年後、がんに増大傾向が見られる。
  • 翌年がんから出血を確認。
  • さらに翌年、がんの増悪・転移の疑いを確認。
【治療概要】
IMRTと放射線増感剤を併用した治療を1ヶ月間(25回)行った例。
費用:約170万円
照射範囲に含まれる皮膚においては放射線皮膚炎が生じる場合があります。
【乳がん以外での治療をご希望の方へ】
がん種、ご状態によっては治療が可能な場合があります。(局所注入が可能な部位に限る)
まずは、お電話(03-3529-5420)メールにてご相談ください。

初診から最短1週間で治療開始コータック治療流れ

当クリニックでは患者さんに承諾していただければ初診時に治療計画まで行います。
ですから、初診から2日~7日で治療を開始することが可能です。

また、1回の治療時間は受付からお帰りまでわずか30分程度です。
仕事を続けながら、家族と一緒に過ごしながら、というように普段通りの生活を変える必要がなく、
心身ともに患者さんの負担を軽減することが可能です。

1

完全予約制
柏原院長による医療相談・初回診察

これまでの診断情報・画像情報から、コータック治療が適応になるかの検討をいたします。そのうえで当クリニックでの治療が可能かを判断し、治療効果や治療内容、副作用についても十分に説明を行います。

コータック治療が適応にならない場合も、中立的な立場で患者様にとって可能性のある治療法を検討・ご提案させていただきます。

まずは、お電話にて
ご予約・お問合せください

タップでお電話ができます

03-3529-5420(電話受付:月曜~金曜9:00-18:00)

2

治療計画用CT撮影(初回診察の当日、または後日)

患者様が放射線治療を受けるための治療計画用CT撮影を行います。ご予約状況により、初診の当日にCT撮影を行うことも可能です。


3

放射線治療
(コータック治療)開始

治療計画用CT撮影を行った日から約2日~3日後、放射線治療(コータック治療)を開始いたします。放射線治療は週5回のペースで行い、放射線増感剤の局所注入は、原則週2回、放射線治療の直前に施行いたします。

1回の治療時間は、増感剤の局所注入と放射線治療を合わせて約15分~30分程度です。


4

治療後、経過観察

治療終了後は経過観察となります。
定期的に当クリニックを受診していただき、ご状態を診察させていただきます。

施設概要

放射線治療専門
クリニック。国際展示場駅から
徒歩5分の好アクセス

東京放射線クリニックは、IMRT(強度変調放射線治療)やSBRT(体幹部定位放射線治療)をメインに、
通常の放射線治療も含めた “放射線治療”の専門クリニックとして、平成20年4月の開院以来、実績を積み重ねております。

保険診療はもちろん、自由診療にも対応し、再発転移進行がんの方や、
「もう治療法がない」と悩まれている患者様に対しても、放射線治療の可能性を追求し、中立な立場で治療をご提案しています。

患者様がリラックスして治療が
受けられる施設を目指して
東京放射線
クリニックの特徴

治療実績
保険診療・自由診療含め、
患者様・ご家族様のご希望に応じ、
実績を積み重ねています。
2008年~2018年 累計治療実績  2,487件
2008年~2018年 高精度放射線治療実績 1,500件
待ち時間なく、
迅速に治療を開始
当クリニックでは完全予約制を採用しており、スピーディに治療を開始することが可能です。
また、患者さんに承諾していただければ初診時に治療計画まで行えますので、初診から2日~7日で治療を開始することも可能です。
厚生労働省が定める、
施設基準の遵守
IMRT(強度変調放射線治療)の施行に際して、厚生労働省保険局が定める施設基準(専門担当医の配置、設備の設置・管理等)を満たし放射線治療を行っています。

厚生労働省保険局医療課長通知
https://www.mhlw.go.jp/topics/2008/03/dl/tp0305-1k.pdf

リラックスして
治療を受けられる環境を整備
放射線治療中は毎日通院していただくため、患者様に少しでもリラックスして治療を受けていただける環境作りを心がけています。
お1人おひとりの患者様に十分な時間をかけ、患者様の希望に応じたきめ細やかな医療の提供を目指しています。
先進的な設備と
専門スタッフによる治療
当クリニックでは、放射線治療専用の治療計画装置を3台導入しており、熟練したスタッフが治療計画を作成し、治療のたびにCT撮影を行います。そして計画の段階で撮影してあるCT画像と比較しながら腫瘍の位置を確認することで、正確な照射を行っています。

当クリニックを
“もっと詳しく”知りたい方へ

ビデオを再生する
動画で観る
「東京放射線クリニック」

治療内容や院内のようすなど、
院長・スタッフのインタビューを交え
詳しくご紹介します。

地図・アクセス

東京駅から21分、新宿駅から
24分。
国際展示場駅から
徒歩わずか5分の好アクセス。

所在地 〒135-0063
東京都江東区有明 3-5-7 (TOC有明のビルの隣)

Google Maps

電話 03-3529-542003-3529-5420
(月曜~金曜 9:00-17:00 
休診日: 土曜・日曜・祝日)
FAX 03-3529-5422
【最寄り駅】
りんかい線:国際展示場駅よりパナソニックセンター連絡通路を通り 徒歩約5分
ゆりかもめ:東京ビッグサイト駅より 徒歩約5分
【お車でお越しの方】
首都高速湾岸線 「有明」 出口より 約5分(新木場方面より)
首都高速湾岸線 「臨海副都心」 出口より 約5分(大井方面より)
首都高速11号線 「台場」 出口より 約5分(レインボーブリッジ方面より)

TOCビル内に駐車場完備しております(補助券利用で3時間まで無料)

遠方からお越しの方へ「宿泊施設のご案内」

HOTEL

当クリニックと提携する近隣のホテル施設をご優待価格にてご利用いただけます。ご予約・お問合せは、直接ホテルまでご連絡くださいませ。

当クリニックでのご予約はお受けいたしかねますので、ご了承ください。

ご予約・お問合せ
・東京ベイ有明ワシントンホテル TEL:03-5564-0111
・ホテルトラスティ東京ベイサイド TEL:03-6700-0001
・ダイワロイネットホテル東京有明 TEL:03-3599-6180

よくあるご質問

コータック治療について、
患者様からよくいただく
ご質問と回答をご紹介

コータック治療に限らず、通院での治療が可能です。仕事や家事を続けながら治療に臨んでいただけます。

乳腺の場合、1回の治療が約15分、約3週間(16回)の通院で終了します。初回の診察、治療計画を立てるためのCT撮影を行ったのちに治療開始となりますので、初回診察より最短で2~3日後に治療をスタートすることが可能です。

保険適用外の治療のため、全額自己負担となります。乳腺の場合は約84万円、その他の部位の場合は治療法などにもよりますが、200万~250万円前後とお考えください。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

コータック治療は増感剤を直接腫瘍に針で刺して注入するため、皮膚の表面に近い部分の腫瘍に適しています。乳がんに限らず、リンパ節などにも有用です。

その他、ご質問・ご相談等は
お電話・メールにてお気軽にお問合せください。

タップでお電話ができます

03-3529-5420(電話受付:月曜~金曜9:00-18:00)
メール相談・お問合せ