よくあるご質問

MENU

X線と粒子線治療(陽子線・重粒子線)の違いはなんですか?

回答

X線が、皮膚の表面近くで放射線のエネルギーが最大になり、体の奥へ進むほど線量が減少するという性質を持っているのに対し、重粒子線や陽子線は、体の中のある深さにおいて急激に線量が増加するので、がん病巣に高い放射線量を集中させることができ、正常組織への影響が少ないと言われています。また、X線で抵抗性を示すがんにも有効性があると言われています。IMRTやSBRTといった高精度放射線治療では、正常組織への副作用を抑えながら効率的にがん細胞を攻撃していくことが可能になりました。どちらが優れているということではなく、腫瘍の位置や状態によって最適な治療法は異なり、使い分けることが肝心です。

よくあるご質問一覧ページへ戻る