よくあるご質問

MENU

一度放射線治療を受けると、二度目の治療はできないのでしょうか。

回答

放射線治療では、がんに対して照射しますが、その周辺の正常細胞にも放射線が当たり、ダメージが出ることがあります。臓器ごとに、ある決められた量以上の放射線を当てると、正常細胞も弱ってしまいます。

そのため、同じ場所に再度、放射線治療をすることは出来ない場合が多いのです。ただし、がんのタイプによっては、初回の治療で照射した放射線の量が少なく、もう一度治療できる場合もあります。

また、放射線が当たっていない部分への影響はありませんので、照射する場所(部位)が違えば、何度目であろうと問題なく治療することができます。

当クリニックで行っているSBRT(体幹部定位放射線治療)では、3次元方向から放射線放射線を照射することで、がんに対してピンポイントに当てることが可能なため、同じ部位への再発であっても、まったく同じ場所(部位)でない限り再照射が可能(※)なことがあります。

(※)同じ部位の再発がんへ再度放射線治療を行う場合、前回の照射データや部位にどんな臓器・組織が含まれているかなど、詳細な情報が必要となります。
治療をご検討の方は、「診療情報提供書(紹介状)」「画像検査結果(CD・DVD)」「これまでの照射データ」をご用意の上、まずはがん治療相談へお越しくださいませ。
ご準備するデータ等でご不明なことがありましたら、お電話(03-5429-5420 ※月曜~金曜9:00-18:00)にてお問い合わせください。

>>柏原院長によるがん治療相談はこちら

よくあるご質問一覧ページへ戻る