無料電話相談受付中

無料電話相談受付中

一つでも当てはまる方は
ご相談ください

  • 「つらい副作用の少ない」治療がしたい
  • 「痛い・苦痛」を軽減したい
  • 「待ち時間なく」すぐに治療を始めたい
  • 「自分に合った」治療がしたい

タップでお電話ができます

肺がん(肺転移)への放射線治療

肺がんに有効な放射線治療。
精度が高いSBRTによる治療(保険適用

肺がん肺がんは小細胞肺がんと非小細胞肺がんに分けられます。非小細胞肺がんのうち、孤立性の肺がんに対して、当クリニックでは、精度の高いSBRT(体幹部定位放射線治療)による肺がん治療を行っております。
SBRTでは、呼吸の動きに合わせて、がん腫瘍に3次元的に多方向からピンポイントで放射線を当てることが可能です。副作用が少なく、より多くの放射線をがん腫瘍に照射できる治療法です。

※5㎝以内、3個以内の肺がんは保険の適用となります

副作用が少なく、多くの線量をがん腫瘍に照射

SBRTでは1回12Gyをがん腫瘍に対して照射できます。精度が高くピンポイント照射が可能なため、早期の肺がんでは良好な治療効果が期待できます。

※ Gy(グレイ):放射線の量を表す単位

肺がん 70歳女性の症例

SBRTによる治療を4日間(4回)、保険診療にて行った例。
費用(保険適用後):約6万5千円~19万5千円
照射範囲に含まれる肺においては、放射線肺炎が生じる場合があります。
※自己負担割合(1~3割)に応じて金額が異なります。
また保険診療の場合、高額療養費制度の申請にて、自己負担限度額(月単位)が適用になります。
詳しくは、ご加入の健康保険窓口へお問い合わせください。

>>再発転移がん治療情報サイトにて、
柏原院長が早期肺がんへの放射線治療を詳しく紹介しています。是非ご覧ください。

身体への負担が少なく、治療中や治療後のQOLを維持

SBRTにより、正常な臓器などに当たる放射線は最小限に抑えられ、副作用は少なく、治療後のQOL(生活の質)を保つことができます。
また、初回の診察から治療準備期間も含めて約10日程度で治療が完了します。1日の治療時間は30~40分ほどです。治療期間中は入院の必要はなく、通院での治療が可能です。 普段の生活を大きく変えることなく治療ができることも放射線治療の特徴です。

治療期間 約10日程度(初診[1日]+治療は4日程度。通院は5日程度
治療時間 30~40分程度
入 院 必要なし
※腫瘍の大きさ等により治療回数が増える場合があります。
通常初診より約1週間後に治療を開始します。

もう「治療法がない」とお悩みの方でもご相談ください

肺がん(転移性肺がん)で、大きさが5cm以上、あるいは数が3個を超える場合や、リンパ節など他の部位に転移がある場合など、治療選択が限られてしまうことで、「もう治療法がない」と悩まれる方も少なくありません。

当クリニックでは、保険適用範囲を超えた「大きさ」「数」「再発・転移」の肺がんに対しても、患者様のご希望やご状態を慎重に判断した上で、放射線治療が適している場合は、自由診療による治療もご提案しています。

「もう治療法がない」とお悩みの方も、まずはご相談ください。

症例報告(50代 男性)

早期肺がん。セカンドオピニオンで放射線治療を選択

肺がんの症例

SBRTによる治療を4日間(4回)、保険診療にて行った例。
費用(保険適用後):約6万5千円~19万5千円
照射範囲に含まれる肺においては、放射線肺炎が生じる場合があります。
※自己負担割合(1~3割)に応じて金額が異なります。
また保険診療の場合、高額療養費制度の申請にて、自己負担限度額(月単位)が適用になります。
詳しくは、ご加入の健康保険窓口へお問い合わせください。

症例報告(80代 男性)

胃から肺への転移ガン

治療前 治療後6ヶ月

免疫療法とSBRTを併用した治療を3ヵ月間行った例。(SBRT2週間:10回、免疫療法:7回)
費用:SBRT約200万円、免疫療法約250万円
照射範囲に含まれる肺においては放射線肺炎が生じる場合があります。

症例報告(60代 男性)

肺がん術後再発。

SBRTによる治療を2週間(10回)行った例。
費用:約200万円
照射範囲に含まれる肺においては、放射線肺炎が生じる場合があります。

肺がん術後再発。3cmの再発がん

肺がん術後再発。3cmの再発がん

症例報告(60代 男性)

右肺。巨大腫瘍+肺内転移

SBRTによる治療を2週間(10回)行った例。
費用:約200万円
照射範囲に含まれる肺においては、放射線肺炎が生じる場合があります。

右肺腺がん。9cmの巨大腫瘍 右肺腺がん。9cmの巨大腫瘍 ※水色矢印:巨大腫瘍、黄色矢印:肺内転移の腫瘍

放射線治療の副作用

放射線治療が終了して数ヶ月後に、放射線肺炎と呼ばれる副作用が起こることがあります。放射線肺炎の程度には個人差がありますので、詳しくは担当の主治医にお尋ねください。