コロナ禍におけるがん治療について

covid01_01.jpg

東京放射線クリニック院長 柏原賢一 医師より

世界で猛威をふるい、いまだ終息が見えない新型コロナウイルス感染症。感染拡大はがん医療にも影響をおよぼし、治療の中止や延期を余儀なくされたがん患者様も少なくないかと思います。

当ページでは、新型コロナウイルス感染症の流行下で、ご不安やお悩みを抱えるがん患者様やそのご家族様に向けて、「コロナ禍におけるがん治療」についてお伝えいたします。

▲クリックで詳細に移動します

今後の治療でお悩みの方へ
「必要な治療を止めず慎重なご判断を」

新型コロナウイルスへの感染の不安から、治療の開始・継続を迷われる方や今後の治療にご不安を抱え、悩まれている方もいらっしゃるかと思います。しかし、コロナの感染を恐れるあまり必要な治療まで停滞してしまうことは、がんの進行を招く恐れもあり、慎重な判断が必要になります。

がん治療の遅れで"死亡リスクが上昇する"という研究報告も

新型コロナウイルス感染症の拡大により、4月に発出された緊急事態宣言では、多くの医療機関や健診施設でがん検診の受け入れが一時中止となりました。このような状況に、本来早期で発見されていたがんが、進行がんで発見される可能性が懸念され、警報を鳴らす医療者や医療機関も少なくありませんでした。

2020年11月、カナダのクイーンズ大学がん研究所より公表された「がん治療の遅れと死亡率」との関連を調べたデータによると、4週間治療が遅れた場合、死亡リスクがおよそ10%上昇することが示されています。

当研究では、およそ127万人を対象に「膀胱がん」「乳がん」「結腸・直腸がん」「肺がん」「子宮頸がん」「頭頸部がん」の7がん種に関して、治療法別の治療遅延による死亡率を調べたもので、放射線治療については4週間の治療遅延により、頭頸部がんで9%(上咽頭がんの場合は217%)、子宮頸がん(術後照射)で23%、死亡率の上昇が確認されています。

また、例えば乳がん治療の場合、8週間治療が遅れると17%、12週間遅れた場合で26%と、治療の遅れに伴い死亡リスクはさらに上昇する可能性もあるといいます。

※参考 Journal: The BMJより
https://www.bmj.com/content/371/bmj.m4087
https://www.bmj.com/company/newsroom/every-month-delayed-in-cancer-treatment-can-raise-risk-of-death-by-around-10/

当研究結果は統計的なものなので、もちろんすべてのがん患者様に当てはまるものではありませんが、がんは種類や悪性度によっては、数カ月で急速に進行する場合もあるため、定期的な経過観察・状態確認が不可欠です。

今後の治療で悩まれている方は、ご自身で判断するのではなく、現在のご状態や治療目的を主治医とよくご相談することが大切です。主治医へのご相談が難しい場合は、セカンドオピニオンを活用するなど、お一人で悩まず、現在のご状況を医師としっかり確認した上で判断されることをおすすめします。

当クリニックでは、お電話による無料相談や電話遠隔診療も行っておりますので、よろしければご活用いただければと思います。

コロナ感染リスクがご心配な方へ
「受診する医療機関の感染予防対策の確認を」

治療の影響やご状態により、免疫力が低下している場合、新型コロナウイルスを含めた感染症への感染リスクが高まる可能性がありますが、がんを発症していること自体が感染リスクを高めるということはありません。

また、免疫力に関しては全てのがん患者様で低下するわけではなく、全身療法の影響やがんの進行度によっても個人差があります。がん患者様においても、手指消毒やソーシャルディスタンスの確保など、感染予防策は一般に行われている方法と基本的には変わりません。

コロナ感染を過度に恐れるのではなく、ご本人様だけでなくご家族様も感染予防を徹底し、「まずは感染しないこと」を念頭に治療に望まれることが大切です。

また、受診する医療機関の感染予防対策をホームページなどで確認し、少しでも安心して治療が受けられる医療機関を見つけるといいかもしれません。

コロナ禍の放射線治療について

放射線治療は局所治療の1つで、放射線が照射された場所(部位)にのみ効果や副作用が起こります。治療する場所により症状もさまざまですが、治療自体の負担や治療に伴う副作用は少ない治療法です。

治療に伴う免疫力の低下や、新型コロナウイルスの重症化リスクを上昇させるなどのデータも現状はありません。ただし、広範囲(背骨を含む)への放射線照射や、その他全身的な治療との併用により白血球が減少し、免疫系に影響が出る場合もありますが、背骨へ直接照射を行った場合を除き、放射線治療が起因となり免疫力が大きく低下する可能性は低いと考えております。

また、定位放射線治療(SRT)などの高精度放射線治療では、治療期間が短く1週間程度で治療が終了しますので、通院による感染の不安を少なく治療が行えます。

新型コロナウイルス感染症については、さまざまな研究が進められデータも蓄積されつつありますが、不確定な部分も多く、これから治療を受けられる患者様、治療中の患者様においては、大変ご不安なことと思います。

がん治療で後悔しないために、ご不安なことやご心配なことがあるときは、ご自身で判断せず、必ず主治医やがん相談支援センター等にご相談されることをおすすめいたします。

MENU(タップでメニューが開きます)