がん治療相談

がん治療相談を承っております

柏原賢一医師当院では、がんと診断された方や治療中で新たな治療法をお探しの方からのご相談を承っております。患者様のがんの状態について最もよく知っているのは主治医の先生ですが、もしも、治療について悩みや疑問があれば他の医師の意見を聞き納得した上で治療を選択することが重要です。これまでの検査や診断、治療の経過について患者様・ご家族とともに振り返り、今後の治療法について中立な立場でご提案いたします。

こんな方は是非ご相談ください

・手術で見た目や臓器の機能を損ないたくない
・長期間の入院が難しい
・治療法がないと悩んでいる
・副作用がつらい
・現在の治療と組み合わせて心身への負担が少ない治療で治療効果を高めたい
・がんによる痛みや症状を和らげQOL(生活の質)を向上したい

幅広い選択肢から、満足度の高い治療をご提案

当院では、患者様の声を聞き、標準治療の枠にとらわれず、中立的な立場で最適な治療法をご提案いたします。特に前立腺がん、肺がん、乳がんをはじめ、リンパ節、骨などへの再発・転移癌の患者様から多くご相談をいただいています。がんは一生を左右する病気です。少しでも迷ったら是非ご相談いただき、ご自身やご家族が本当に納得できる治療法を選択していただきたいと思います。

がん治療の多様な選択肢

当クリニックでは、「患者様が何を望んでいるかを最大限にくむこと」をモットーにご相談をお受けしています。
高精度放射線治療では切らずにがんを治療することができます。

また、治療後の生活の維持までを考えた治療が可能です。
例えば前立腺がんの場合、性機能が妨げられる可能性や尿失禁などの副作用が少なく抑えることができます。

また女性の乳がん治療においても、乳房を残せるかどうかは、女性にとって大きな問題です。家庭の事情で入院が難しい場合もあると思います。通院で治療効果を期待できる放射線治療という選択肢もあります。
高齢者の方や合併症などで、がん治療が心配な方もいらっしゃるかと思います。腫瘍を全てなくすことができなくとも、身体に負担をかけることなく、腫瘍を小さくする方法があれば、ご提案しています。

当クリニックでは、患者様に治療の選択肢を知っていただくことで、「何を優先してどの治療法で闘病するのか」決める一助になればと願っています。

「もう治療法がない」とお悩みの方もまずはご相談ください

高精度放射線治療は、進行がんや再発・ 転移された方まで、治療効果を期待できる可能性があります。
当クリニックでは、保険診療内だけではなく自由診療にも対応し、「もう治療法がない」とお悩みの患者様に対しても最適な治療をご提案しています。

あらゆる可能性を追求したい方へ

がんによっては放射線治療が有効で、部分的に治療し、緩和照射により痛みやつらい症状が軽減され、毎日を快適に過ごせるようになった方が大勢いらっしゃいます。
また、放射線治療だけでなく、少ない副作用で病状の改善につながることが期待できる第4のがん治療といわれる免疫療法もご提案しています。

大切なのはあの手この手で「今」を凌ぐこと。
あきらめずに、まずはご相談ください

国立がん研究センターでは、「サバイバー生存率」という数字を公表しています。「サバイバー生存率」とは、がんと診断されてからの経過年数に応じた、その後の生存率のことです。
例えば1年サバイバーの5年生存率は、診断から1年後に生存されている方に限って算出した、その後の5年生存率(診断からは合計6年後)を表します。

診断からの経過年数を横軸に、その年数に応じた生存率を縦軸に表した以下のグラフでは、がんと診断されても、1年生きるごとに、その後さらに生き延びられる確率が高くなっていることがわかります。 がんと診断された時の生存率が10%以下の膵臓がんでも、診断から5年経過した時の5年相対生存率※は80%近くになっています。

大切なのはあの手この手で「今」を凌ぐこと。「今」を乗り越えることで、次への期待がさらに高まります。

※5年相対生存率とは:

あるがんと診断された場合に、治療でどれくらい生命を救えるかを示す指標です。 がんと診断された人の5年後の生存率が、がんでない人の5年後の生存率に比べてどれくらい低いかで表しています。

【グラフ】「 国立がん研究センターがん対策情報センター」より

担当:院長 柏原 賢一

担当:院長 柏原 賢一米・ワシントン大学やハーバード大学でも研鑽を積んだ日本医学放射線学会 放射線治療専門医。患者様のお声に耳を傾け、快適に毎日をお過ごしいただくための治療を行っています。「痛みで消極的な生活しか送れなかった患者様が、明るい表情で通院され、ご一緒にゴルフにまでできるようになった姿を見ると、私が勇気づけられます。」と語る柏原医師は、治療だけでなく放射線診断に携わってきた。包括的に、お一人御一人の患者様のご病状に向き合い、最適な治療をご提案します。

料金

自費 10,800円(税込)/30分毎

ご用意いただくもの(必須ではありません)

保険証またはコピー(ご本人が来院される場合)

保険診療ではありませんが、ご本人確認のためにお持ちください。

お手持ちの資料

・診療情報提供書(紹介状)
・画像検査結果(CD・DVD・レントゲンフィルム)
・病理診断書あるいは病理レポート
これらの資料は多ければ多いほど患者様の病状に合わせた的確なご提案が可能になります。資料が少ない場合、一般的なお話のみとなる場合がございます。

ご相談日

月曜~金曜 10:00~18:00

ご予約方法

お電話にてご予約ください。
03-3529-5420(受付:月曜~金曜 9:00~18:00)

※がん治療相談は、その時刻に予約された方だけの専用診察室を使用しております。当日急にご来院できなくなった場合には、お手数ですがお電話でご一報いただきますようお願いします。

がん治療相談Q&A

Q.家族のみの相談も可能ですか?
本来はご本人の代理で相談をお受けすることが望ましいですが、闘病中の家族の方の了解を得られない場合にも、相談はお受けしております。

Q.どんなステージでも相談できますか?
ステージ1の根治治療から、ステージ4の緩和治療までご相談を受けております。
特に前立腺がん、肺がん、乳がんをはじめ、リンパ節、骨などへの再発・転移癌の患者様に対しては具体的な治療計画までご提案が可能です。

詳しくは、下記よりご覧ください。
>>治療可能ながん種(部位)一覧(PDF:1MB)

Q.主治医に黙って相談してもいいですか?
自分の生命(いのち)や身体(からだ)に関して、少しでも多くの情報を得たいという気持ちはあたり前のことです。主治医の先生に相談される場合は、セカンドオピニオンの為に紹介状をご希望である旨をお伝えください。お伝えいただければ紹介状は問題なく出していただけます。
ただし、何等かのご事情で主治医の先生に紹介状を依頼できない場合は、お手持ちの資料をお持ちいただければ、一般的なご説明になってしまう可能性はありますが、お応えしております。

Q.医療の素人が治療法を選ぶなんてできるのでしょうか?
自分の身体のことですから、疑問点をしっかり聞き、ご自身で選択する気持ちが大切です。それぞれの治療法にはどのようなメリットやリスクがあるのかを、きちんと知った上で納得して決めることは、治療中はもちろんですがその後の人生においても非常に大切なことだと思います。

Q.がん治療相談を受ける前に準備することはありますか?
相談の時間を最大限有効に活用して頂く為に、主治医の先生の意見をきちんと聞いて、これまでの経過や質問事項、主治医の意見をまとめて整理してからお越しください。