放射線治療の副作用

MENU

従来の放射線治療での副作用

1990年代以前の放射線療法の治療は、副作用ばかりが目立つ治療法でした。
今でも放射線治療という言葉に「恐ろしいもの」とか「つらいもの」というイメージを持たれる方も多くいらっしゃると思います。
放射線治療とは、X線やγ(ガンマ)線といった放射線をがん細胞に照射し、がん細胞の増殖を抑制する治療法です。従来の放射線治療では、がん細胞だけでなく正常な細胞も損傷を受けることによって副作用が生じたり、放射線の総量を上げることができずに充分な効果を得られないことがありました。
しかし近年、放射線治療は他の治療法に比べて高齢者でも負担なく受けられ、体の機能や形も温存できる方法として脚光を浴びています。高精度放射線照射技術及び高度画像診断技術が次々と臨床に登場し始め、手術の代替療法となった領域も多くなりました。副作用が全くなくなったわけではありませんがかなり減少させることができます。

当院の治療による副作用について

当院で行っている高精度放射線治療(IGRTを併用したIMRTやSBRTの治療法など)では、副作用を最小限に抑えることが可能です。ただし、治療方法、部位によってはどうしても避けられない場合があり、症状も個々で異なります。つまり、放射線をかけると必ず副作用が生じるというわけではなく、照射部位、範囲、放射線の量などによって症状が異なり、個人差も大きいものです。詳しくは治療部位ごとのページを参照してください。
また当院では、治療を受けられる際に毎日診察がありますので、気になる点がございましたら、ご遠慮なくご相談ください。

以前の治療

3D-CATによる前立腺がんへの放射線照射

高精度放射線治療 IMRT

IMRTによる前立腺がんへの放射線照射

従来法(左図:3D-CAT)では直腸の前半分に多くの放射線が照射され、障害の危険性が高く、前立腺内の放射線の量も不均一に見える。IMRT(右図)による計画では直腸を避け、前立腺に照射される放射線の量も均一に見える。