IGRT(画像誘導放射線治療)

MENU

より安全で高精度な治療に欠かせない画像誘導技術

IGRTとは

高精度放射線治療などの治療のときに補助技術として行うのがIGRT (画像誘導放射線治療)です。高精度放射線治療では、小さながん腫瘍に放射線を当てる場合や正常組織にがん腫瘍が隣接している場合があるため、放射線をあてる位置決めが非常に大切です。当クリニックではIGRTを行うために、放射線治療を行う装置である医療用直線加速器(リニアック)に、位置合わせ専用装置OBI(On Board Imager)を搭載しています。
OBIは、治療の寝台に寝ている患者さんの正面と側面のkV-X線画像(レントゲン)を撮影することで、そのとき患者さんの寝ている位置を理想の場所へと移動させます(遠隔操作により治療の寝台を動かして、位置の微調整を行います)。
また、OBI装置はCT(CBCT)を撮影することも可能であり、kV-X線画像(レントゲン)では見えにくい軟組織による位置合わせも可能にします(3D照合)。つまり、IGRTはIMRTやSBRTなどの高精度放射線治療をより高い位置精度で行うための技術であり、がん腫瘍以外の正常組織に放射線があたることを最小限にし、治療を安全に行うことができます。

IGRTの特徴

OBI搭載のリニアック kV-X線画像(レントゲン写真の正面・側面像の骨による位置合わせ)

写真1 治療開始直前に治療装置(リニアック)に搭載されているOBIでkV-X線画像(レントゲン写真)を撮影します。そのレントゲン写真と治療計画用CT画像から再構成した画像と位置合わせを行います。
その技術により治療直前に撮影した画像から現在の治療部位の正確な位置が確認し、位置の微調整を行うことが可能です(2D/2Dマッチング)。つまり、スピーディー、そして安全かつ高い精度で位置を合わせて治療を行うことが可能です。

治療計画X線画像とOBIによるX線画像の位置合わせ

治療計画X線画像とOBIによるX線画像の位置合わせ

CBCT画像(軟組織による位置合わせ)

OBI搭載した治療装置(リニアック)は360度、また180度回転することで、CT画像(Cone beam CT : CBCT)の撮影が可能です。CBCT画像からkV-X線画像(レントゲン写真)では見えにくい軟組織などが詳細に確認できます。つまり、骨や軟組織を含めて病巣にmm単位での詳細な位置合わせが可能です(下記写真の白枠内がCBCT画像)。

写真3

治療計画CT画像とCBCT画像の位置合わせ