高精度放射線治療

“打つ手なし”と言われた方にも、副作用を抑えて最大限の治療を

高精度放射線治療は、病巣を三次元で立体的にとらえ、正常組織への副作用を最小限にとどめながら効率的にがん細胞を攻撃していく治療法です。一般的な放射線治療施設では、がんの部位や大きさ、進行度など一定の条件を満たす保険診療内のみの治療を行なっているのが現状です。それに対し当クリニックでは、“打つ手なし”“もう抗がん剤しかない”と言われた患者様に対しても最大限の治療をご提案しています。

>>もう化学療法しかないと言われた方
>>がんの再発・転移
>>モグラ叩き療法

「痛い」「つらい」から解放し、生活の質を向上

がんと根気よく闘うには、何よりも心身への負担を軽減し、生活の質を下げることなく治療を続けられることが大切です。当クリニックでは、痛み、呼吸困難、出血などのつらい症状を改善するための放射線治療も行っております。治療による痛みもありませんのでご安心ください。

>>痛み・つらい症状のある方
>>骨転移・椎体転移

最短1週間で治療開始。1回30分の通院治療

当クリニックでは患者さんに承諾していただければ初診時に治療計画まで行います。ですから、初診から2日~7日で治療を開始することが可能です。また、1回の治療時間は受付からお帰りまでわずか30分程度です。仕事を続けながら、家族と一緒に過ごしながら、というように普段通りの生活を変える必要がなく、心身ともに患者さんの負担を軽減することが可能です。

※照射方法、照射部位によって治療開始までの日数、治療時間及び治療期間は異なります。

高精度放射線治療について