がんの再発・転移

「打つ手なし」「もう化学療法しかない」と
言われた方にも最大限の可能性をご提案いたします

がんがあった部位の再発、あるいは、他の部位(肺、肝臓、骨、リンパ節など)への転移であっても、当クリニックでは積極的に治療を行っていきます。手術、放射線治療、抗がん剤治療など、それまでに受けられた治療にかかわらず、まずはご相談ください。

放射線治療で広がる、再発転移がん治療の可能性

現在、これらの患者さんに対しては、がんが再発した場合の治療成績が良くないため、積極的な治療はあまり行われてきませんでした。しかし、最近は優れた薬剤療法の開発、転移に対する手術などが徐々に進歩し、がんの再発に対する医療が少しずつ変貌しつつあります。放射線治療においても、それは例外ではありません。

再発・転移にも、根治を目指す放射線治療を

高精度放射線治療を用いて、以前では治療できなかった患者さんに対しても、治療が可能になってきました。例えば、骨転移をきたした乳がんの患者さんでも、日常生活に支障なく、長い余命を保たれる可能性が高いため、がんの進展状況を十分に吟味した上で、単なる症状を緩和する治療ではなく、治癒に準じた治療を目指す価値は十分にあります。
また、大腸がん(直腸がん)の患者さんが肺への転移で再発された場合でも、放射線治療だけで肺転移切除手術と同等の治療成績をあげることが可能となります。

転移巣をピンポイントで照射。部位別根治による放射線治療

当クリニックでは、再発・転移した場合でも、がんが出てきたら治療するというモグラ叩きのような治療方法や転移巣を一つずつ治療する、部分根治を目的とした放射線治療もご提案しています。 特に、病変に多方向からピンポイントで照射するSBRT(体幹部定位放射線治療)を行うことで、高い治療効果を得ることができます。
現在、治療を受けている主治医に資料の提供を依頼することも可能ですので、まずはご相談ください。

>>モグラ叩き療法について詳しくはこちら

緩和照射で生活の質(QOL)向上を

進行したがんや再発、転移したがんで、根治が難しいと判断された場合に、がんによって起こる症状を放射線治療で緩和することも可能です。肺がんによる血痰や、胃がん・大腸がんで下血した場合の止血にも有効です。また、食道がんによって食道が狭くなってしまった場合や、肺がん等によって気道を圧迫して息苦しくなってきた場合に緩和的照射を行うことにより症状を改善します。
特に骨転移に関しては、痛みの症状を和らげ、消失させることが可能です。詳しくはご相談ください。

SBRTによる転移がんの症例報告

肺がん。9cmの巨大腫瘍+肺内転移

右肺へ9cmの巨大な腫瘍に対し、SBRTによる治療を開始。治療開始1ヵ月後から巨大腫瘍は徐々に小さくなり、11ヶ月後には3.9cmのサイズまで縮小。その後、右中葉の肺内転移層に増大が見られたため、再度SBRTの照射を実施。右肺がんの治療から18ヵ月、増大傾向もなく経過良好となっている。(2015年10月 現在)

肺がん多発転移(60代女性)

  • ・直腸がんが1年後に肺転移。
  • ・抗がん剤治療。
  • ・4年後には肺へ4ヶ所の転移が広がる。

SBRTを実施。放射線治療1ヵ月後に変化を見せ始め、6ヵ月後には消失。治療中、治療後含めて辛さはゼロ。24ヵ月後も4ヶ所のがんは、全て消失した状態を保っている。

IMRT+増感剤による転移がんの症例報告

直腸がんの骨転移(60代男性)

  • ・直腸がん手術。
  • ・骨盤内リンパ節に多数の転移。
  • ・近くの骨盤骨へ浸潤。

IMRTと放射線増感剤を併用した治療を実施。骨の修復もみられ、治療開始から約3週間で痛みも軽減。治療後は、ゴルフも再開でき非常に喜ばれていました。

  • 納得できる治療法をお探しの方へ 当院では、がんと診断された方や治療中で新たな治療法をお探しの方に向けて、相談外来を開設しています。 こんな方は、是非ご相談を ■QOL(生活の質)を向上したい方 ■治療法がないと言われた方 ■化学療法の副作用がつらい方 ■長期間の入院が難しい方 ■見た目や臓器の機能を損ないたくない方 がん治療相談外来へ
  • 納得できる治療法をお探しの方へ 当院では、がんと診断された方や治療中で新たな治療法をお探しの方に向けて、相談外来を開設しています。 こんな方は、是非ご相談を ■QOL(生活の質)を向上したい方 ■治療法がないと言われた方 ■化学療法の副作用がつらい方 ■長期間の入院が難しい方 ■見た目や臓器の機能を損ないたくない方 がん治療相談外来へ