骨転移・椎体転移

外科療法、化学療法、放射線治療およびこれらを組み合わせた集学的療法の発展に伴い、遠隔転移があっても長期に生存できるようになりました。そこで大事なのは生活の質 (QOL)を保ったまま生活できることです。

骨転移の治療

骨転移・椎体転移放射線治療によって、骨転移による痛みを緩和することができます。また、脊椎や足や腕の骨などに転移がある場合、負荷がかかると骨折する危険性があります。その場合にも、痛みがなくても、放射線治療を行います。骨転移の場合は、放射線をあてる部位により副作用は異なります。たとえば、首の骨にあてる場合はのどの痛みが、骨盤の骨の治療では下痢が起こることがあります。

椎体転移

遠隔転移の中で椎体転移は、進行すると両下肢麻痺や膀胱直腸障害が起こり、生活の質(QOL)が低下します。その場合、緩和治療として放射線治療が行われます。
しかし、放射線治療後において再発した場合、従来の放射線治療では、脊髄に放射線が多くあたってしまうため治療が困難です。
椎体転移の再発に対して再照射(治療)を行わない施設もありますが、当院では高精度放射線治療である強度変調放射線治療(IMRT)で再照射を行っております。
IMRT(強度変調放射線治療)は、色々な方向から放射線をがん腫瘍に当てるときに、ぞれぞれの方向からの放射線の量を変化(放射線の強さに強弱をつける)させます。放射線の量を変化させることで、がん腫瘍の形が不整形で複雑な場合や腫瘍の近くに正常組織が隣接している場合でも、多くの放射線をがん腫瘍に当てることが可能です。さらにIGRT (画像誘導放射線治療)の技術により放射線をあてる位置の精度を高めています。つまり、周囲の脊髄に当たる放射線の量を最小限に抑えながら、がん治療を行うことができます。
詳しくは担当の主治医にお尋ねください。

  • 納得できる治療法をお探しの方へ 当院では、がんと診断された方や治療中で新たな治療法をお探しの方に向けて、相談外来を開設しています。 こんな方は、是非ご相談を ■QOL(生活の質)を向上したい方 ■治療法がないと言われた方 ■化学療法の副作用がつらい方 ■長期間の入院が難しい方 ■見た目や臓器の機能を損ないたくない方 がん治療相談外来へ
  • 納得できる治療法をお探しの方へ 当院では、がんと診断された方や治療中で新たな治療法をお探しの方に向けて、相談外来を開設しています。 こんな方は、是非ご相談を ■QOL(生活の質)を向上したい方 ■治療法がないと言われた方 ■化学療法の副作用がつらい方 ■長期間の入院が難しい方 ■見た目や臓器の機能を損ないたくない方 がん治療相談外来へ