リンパ節転移

リンパ節転移への高精度放射線治療

リンパ節は、リンパ管のところどころに配置され、体中を流れているリンパ液に含まれる老廃物をろ過するフィルターのような働きをしています。がん細胞が血液に侵入するのを防ぎ、死滅させる役割もリンパ節が担っています。 リンパ節でがん細胞を全滅させることができず、生き残ったがん細胞がリンパ液の流れに乗って広がった状態を"リンパ節転移"と言います。リンパ節転移は、複雑な範囲・領域に広がっている場合、化学療法が適応になるのが一般的ですが、限局したリンパ節転移や再発の場合、放射線治療が有効です。

当クリニックではIMRT(強度変調放射線治療)SBRT(体幹部定位放射線治療)の高精度放射線治療を用いてリンパ節転移への治療も積極的に行なっています。
IMRTにより、周囲の正常組織に当たる放射線量を最小限に抑えながら、転移の広がりに合わせて放射線治療を行うことが可能です。
また、限局するリンパ節転移に対して3次元的に多方向から放射線を当てるSBRTにより、がんに対してピンポイントに放射線を当てることができるため、副作用を最小限に抑えてより多くの放射線をがんに照射することもできます。

もう「抗がん剤しかない」「治療法がない」といわれた方も、まずはご相談ください

リンパ節など他の部位に転移がある場合や大きさが5cmあるいは3個を超えるがんがある場合には、手術が適応外になるケースが多く、医師から「もう外科治療も放射線治療も無理。抗がん剤治療しかない。」と言われてしまいます。
放射線治療先進国のアメリカでは「効果的である」と注目され一般的となっている「大きいがん」や「転移のあるがん」に対する放射線治療も、日本ではあまり浸透していないのが現状です。

当クリニックでは、保険適用範囲を超えた「大きさ」「数」「再発・転移」のがんへの治療も、放射線治療が適している場合は、積極的にご提案しています。

これまで受けられた治療にかかわらず、まずはご相談ください。

症例報告

子宮頸がん(30代 女性)

初期治療後、左鎖骨上窩リンパ節への転移を治療。
3ヵ月後、縦隔リンパ節、傍大動脈リンパ節転移を治療。治療から1年後、全てのリンパ節にPET-CT画像からも集積は見られず、経過良好となっている。

左鎖骨上窩リンパ節に集積あり 左鎖骨上窩リンパ節に集積なし 胸部・傍大動脈リンパ節に集積あり 左鎖骨上窩リンパ節に集積なし 胸部・傍大動脈リンパ節に集積なし 左鎖骨上窩リンパ節に集積あり 左鎖骨上窩リンパ節に集積なし 胸部・傍大動脈リンパ節に集積あり 左鎖骨上窩リンパ節に集積なし 胸部・傍大動脈リンパ節に集積なし

尿管がん(60代 男性)

尿管がん、傍大動脈リンパ節へ転移。SBRTにて治療。
経過を追うごとに縮小し、13ヵ月後にはほぼ消失した。

治療前 1ヵ月後 5ヵ月後 7ヵ月後 13ヵ月後 治療前にあった腫大リンパ節が経過を追うごとに縮小 治療前 1ヵ月後 5ヵ月後 7ヵ月後 13ヵ月後 治療前にあった腫大リンパ節が経過を追うごとに縮小
  • 納得できる治療法をお探しの方へ 当院では、がんと診断された方や治療中で新たな治療法をお探しの方に向けて、相談外来を開設しています。 こんな方は、是非ご相談を ■QOL(生活の質)を向上したい方 ■治療法がないと言われた方 ■化学療法の副作用がつらい方 ■長期間の入院が難しい方 ■見た目や臓器の機能を損ないたくない方 がん治療相談外来へ
  • 納得できる治療法をお探しの方へ 当院では、がんと診断された方や治療中で新たな治療法をお探しの方に向けて、相談外来を開設しています。 こんな方は、是非ご相談を ■QOL(生活の質)を向上したい方 ■治療法がないと言われた方 ■化学療法の副作用がつらい方 ■長期間の入院が難しい方 ■見た目や臓器の機能を損ないたくない方 がん治療相談外来へ