早期がん

当クリニックでは最新技術を使った高精度放射線治療により、副作用を最小限におさえて、手術と同等の治療効果が期待できます。
主な適応は前立腺がん、肝臓がん、肺がん、すい臓がん、脊椎腫瘍などがあげられます。

放射線治療の利点

副作用を抑えて手術と同等の治療効果

日本では、胃がんなどを主として手術に適したがんが多く、手術ががん治療の中心を担ってきたため、放射線治療の専門医、放射線治療を受ける患者さんの割合ともに、欧米に比べて少なくなっています。
しかしながら、2007年に施行された厚生労働省の「がん対策基本法」でも言及されているように、現在ではがんの種類のよって放射線治療で手術と同等の治療効果を得られるようになってきました。
さらに当クリニックでは、充実した治療装置や治療計画装置を導入し、IMRT(強度変調放射線治療)SBRT(体幹部定位放射線治療)といった新しい技術を用いることで、がんに放射線を集中照射し、副作用を最小限に抑えた治療が可能です。

入院不要。仕事をしながらも治療が可能

当クリニックでは、すべて外来で放射線治療を行うため、普段通りの生活を送りながらがん治療が可能です。SBRTの場合、1回の治療時間は30~40分、治療期間は1週間で済み、患者さんの精神的・肉体的負担が少ない治療と言えます。
また、当クリニックでは初回診察から治療開始まで1~2週間となっており、患者様を極力お待たせしない体制を整えております。早期に治療を開始したい方は是非ご相談ください。

※正確な治療のためには前医の情報提供書が必要となります。主治医の先生にご相談ください。

早期肺がん。症例報告(70代 女性)

SBRTを施行。治療3ヶ月で腫瘍はほぼ消失。2年後も状態を維持。

  • 納得できる治療法をお探しの方へ 当院では、がんと診断された方や治療中で新たな治療法をお探しの方に向けて、相談外来を開設しています。 こんな方は、是非ご相談を ■QOL(生活の質)を向上したい方 ■治療法がないと言われた方 ■化学療法の副作用がつらい方 ■長期間の入院が難しい方 ■見た目や臓器の機能を損ないたくない方 がん治療相談外来へ
  • 納得できる治療法をお探しの方へ 当院では、がんと診断された方や治療中で新たな治療法をお探しの方に向けて、相談外来を開設しています。 こんな方は、是非ご相談を ■QOL(生活の質)を向上したい方 ■治療法がないと言われた方 ■化学療法の副作用がつらい方 ■長期間の入院が難しい方 ■見た目や臓器の機能を損ないたくない方 がん治療相談外来へ