膀胱がん

膀胱がんの治療について

膀胱がん膀胱がんは、その深達度により大きく表在性(膀胱の表層に限局するがん)と浸潤性(周囲の健康な組織にも広がってる)の2つのタイプに分けられ、それぞれ性格が異なるため治療法も変わってきます。
初発膀胱がんの60~70%を占める表在性膀胱がんでは、一般に外科的手術が選択され、経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUB-BT)でがん組織を取り除きます。 がんの浸潤度が高く、TUB-BTで不十分な時には膀胱全摘除術が必要となります。この場合広範囲に及ぶ手術になるため、膀胱を摘出し尿路の再建が必要となります。 膀胱温存の目的で放射線治療が用いられることもあります。

膀胱を温存し、QOLを維持する放射線治療

膀胱がんの放射線治療は、特に浸潤性のがんに対して選択されます。膀胱の摘出手術では尿路変向が必要となり、尿管内カテーテルや集尿袋が必要になる、合併症を起こすことがあるなどのデメリットがあります。特に高齢者の場合、手術が生命に関わるほどの負担になることもあり、手術後も著しいQOLの低下が避けられません。そのため、放射線治療や、放射線治療に化学療法をあわせて治療し、膀胱を温存することもあります。
放射線治療では、病巣周囲の正常組織にも放射線の影響が及ぶため、膀胱が萎縮して尿が近くなったり、直腸から出血したり、皮膚のただれが生じることがありますが、当院が行っている強度変調放射線治療(IMRT)という高精度放射線治療では、周りの正常な臓器に極力放射線が当たらないように治療を行い、副作用を抑えながらQOLを維持して治療を行うことが可能です。また、当院では初診から2日~7日でスピーディに治療を開始することができるのもメリットです。

がんによって起こる症状の緩和にも

また、進行した膀胱がんの排尿痛や背部通などの痛みの軽減や、止血効果により血尿を止めるなどにも有効です。その他、多臓器転移やリンパ節転移による症状の緩和に放射線治療が選択されることもあります。

放射線治療の副作用

副作用としては腸に放射線があたることにより、下痢や血便を起こすことがありますが、日常生活に大きな問題にならない程度で早いうちに回復していきます。

  • 納得できる治療法をお探しの方へ 当院では、がんと診断された方や治療中で新たな治療法をお探しの方に向けて、相談外来を開設しています。 こんな方は、是非ご相談を ■QOL(生活の質)を向上したい方 ■治療法がないと言われた方 ■化学療法の副作用がつらい方 ■長期間の入院が難しい方 ■見た目や臓器の機能を損ないたくない方 がん治療相談外来へ
  • 納得できる治療法をお探しの方へ 当院では、がんと診断された方や治療中で新たな治療法をお探しの方に向けて、相談外来を開設しています。 こんな方は、是非ご相談を ■QOL(生活の質)を向上したい方 ■治療法がないと言われた方 ■化学療法の副作用がつらい方 ■長期間の入院が難しい方 ■見た目や臓器の機能を損ないたくない方 がん治療相談外来へ