導入装置

MENU

導入装置

放射線治療装置 Trilogy(Varian社製)

放射線治療装置 Trilogy(Varian社製)定位照射やIMRT、IGRTに対応した最新機種。精度は同一社製の中で最高。IGRTのためにOBIを装備し、コーンビームCTも撮影可能

放射線治療計画装置 Eclipse(Varian社製)

放射線治療計画装置 Eclipse(Varian社製)MD-CTにて獲得した病巣のデータを基に効率的に正確な治療を作成するコンピューターです。当クリニックでは3台所有しています。

MD-CT(東芝社製、16列MD-CT、LBタイプ)

MD-CT(東芝社製、16列MD-CT、LBタイプ)ガントリーの広さが90cmと大きな固定具をつけた状態でも撮影可能です。呼吸運動に合わせた放射線治療にも対応した呼吸同期装置も装備しています。

品質管理機器

安全な放射線治療を担保するために必要な機器です。
当院では特にこれらを充実させました。

水ファントム

水ファントム治療用加速器(LINAC)の基本的な出力特性の測定として、3次元でのビームデータ取得に使用される3D水ファントムです。正確なポジショニング機構と高精度DCモーターは、放射線治療における厳密な位置精度の要求に対応します。治療システムのイニシャルコミッショニングのほか、日常のQAでも高精度な測定結果が得られます。

MapCheck線量計

MapCheck線量計分解能に優れる半導体検出器を、2次元的に配列した線量計です。複 雑な線量マップを持つIMRT照射野を実測し、治療計画の計画線量マップとの比較・分析をスピーディに行います。計画値と測定値の相違も、ガンマ法やDTA法など最新の分析ツールを搭載したソフトウェアにより、分かりやすく分析できます。

呼吸同期ファントム

呼吸同期ファントム治療対象である体内の腫瘍は臓器と同様に、呼吸の影響を受けて常に動いてしまいます。この動くターゲットに対して正確に照射を行う技術として、呼吸同期照射があります。本ファントムは楕円形ファントムが胴体を、その中を前後動する円筒形インサートが臓器(または腫瘍)を、上下動する円形テーブルが体表面をそれぞれシミュレート。呼吸同期照射のQAを行うことができます。